日本家屋の屋根の中では、切妻屋根と並んで人気があり、切妻の次に多く普及しているのではないかと言われるのが「寄棟屋根」というこのタイプです。切妻屋根は2面で構成されていますが、この寄棟屋根は、東西南北4方向に傾斜する屋根面の、4つの面から構成されているのが特徴です。呼称としては、「寄棟」など省略して呼ばれることが多くあります。
ところでこの寄棟は、日本だけではなく、世界各地にも多くみられる形状なのだそうです。この屋根がどのようなルーツをもっているのかは不明ですが、とても気になるところです。たしかに西欧などでは多くみられるタイプで、美しい海を背景に寄棟屋根が広がっている家並みの光景は見事です。切妻屋根も多くの人に親しまれ、柔軟性に富んだデザインですが、この寄棟というデザインは世界各国にみられるというだけあって、和風住宅・洋風住宅のどちらのスタイルにもマッチするのだそうです。
なんでも切妻と比較してしまいますが、雨が降った後の流れが良く、積雪の後の始末もいいと言われています。テレビのレポート番組などで、よく大豪邸の取材シーンを放映していますが、端正な庭木と植栽の彼方に、複数の寄棟を組み合わせた豪奢な屋根を目にすることがあります。4つの面だけではなく、いくつも連ねたデザインに仕上げることもできるのだそうです。東西南北、どちらの方角からみても豪華で美しいというのは、寄棟屋根の特徴ではないでしょうか。

 

 

 

 

入母屋屋根は、屋根の上のほうが切妻屋根の形状になっていて、下のほうは奇棟屋根の形状をしているという、日本家屋の屋根形式の1つです。いわば寄せ棟屋根と切妻屋根を組み合わせたような形といって良いでしょう。上の部分が下よりも勾配の急なものと勾配が均等のものの2種類に大別できます。関東、四国、九州に多く見られ、普及の数はそれほど多くありませんが、日本的でモダンな感覚を好む層からの人気はかなりのものです。和風テイストで、どっしりと落ち着いたデザインが特徴といえます。
もっとも大きなメリットはコスト面で、外壁の面積を小さくすることができるので、外壁をつくる際のコストを低減できること。さらに屋根の高さを低く設計することが可能なため、屋根の建造・敷設にかかるコストも、若干ではありますが低減できるようです。雨水は4方向に流れるので、雨天時の水はけが良く、台風や暴風にも強いとされています。
ルーツは不明ですが、もともと入母屋形式の建物は、中国、韓国、日本、台湾をはじめ、ベトナム、タイ、インド、インドネシアなど、東アジアの伝統的な屋根形式として普及しました。多くは寺院などでもみることができます。この形式の屋根をもつ建物は、西洋には普及していかなかったため、現在でも東アジア独特の形式とされています。入母屋造の代表的な建物としては薬師寺本堂、蓮華王院本堂、醍醐寺金堂、京都御所紫宸殿などがあります。