・千円のはずが20万円の工事に!?

「近所で工事をしているのであいさつに来た」と訪ねてきた男性から、「お宅の屋根の鬼瓦が傾いているのが気になっていた。隣の家に落ちると大変だ。今なら残っている漆くいを使って千円で直してあげる」と言われ、千円ですぐ直してもらえるなら、と修理をお願いした。作業終了後「瓦が浮いている。このままだと雨漏りするので屋根全体を工事したほうがいい」と言われ、雨漏りしたら大変だと慌ててしまい、約20万円の工事を依頼してもらったが1日で工事が完了し高いと思い、私のお客様をとおして相談があったので工事内容を確認したところ工事内容もいいかげんで1万円程度の仕事でした。(岐阜市 h様)

 

 

・強引に年金生活者を勧誘した高額な屋根工事の点検商法

突然、業者が来て「今、無料で耐震診断をしている」というので診断を依頼した。その結果「このままでは地震のときに瓦が落下し、近所に多大な被害が及ぶ。工事は割引のできる今しかない」と業者に勧められた。父は年金生活者なのでお金がないと断ったが、月々の支払い額が約2万4000円であることや総額が210万円であることを強調され、やむなく契約してしまったという。(岐阜市 I様)

 

 

・違う写真を見せられ騙されてしまった。

近所で屋根工事をしている職人と名乗る男性が訪問してきた。
「近くで屋根の工事をしていたのだが、お宅の屋根の瓦が割れているのが見え、このままにしておくと雨漏りの危険があるので心配でやってきた」 と言う。
驚いていると、「屋根に上らせてくれれば、そこの部分の写真を撮ってきてあげる」 と言われたので、お願いすることにした。
見せられたデジタルカメラの写真には確かに大きく割れた瓦が写っている。慌てていると、「修理だけならついでなので3万円でやってあげる」 との事なので、その場で依頼。すぐに工事を行った。
それから数日後、大雨の日に今までしなかった雨漏りが発生。驚いて業者に連絡したが、電話は現在使用されていないとのこと。仕方なく近所のリフォーム会社に屋根を見せると、瓦も割れておらず、瓦の回りにコーキングが打たれており、コーキングが雨の道を作ってしまっており、そのせいで雨漏りをしていることがわかった。
すぐにそのコーキングは取り除き適正な修理をしてもらった。
また、冷静に思い出してみるとデジタルカメラの写真は、色と形状が実際の屋根と微妙に違い、どこか違う家の写真を見せられていたことがわかった。(岐阜市 E様)

 

 

・不安あおって一気に契約

この業者は新人教育用の基本トークマニュアルを用意していた。B4ほどのペーパーはラミネート加工され、社外への持ち出し厳禁。これをもとに狙いをつけた住宅をいきなり訪問し、不安をあおって契約までこぎ着けるのだという。

「今日から担当になりましたので、ごあいさつに伺いました」。営業マンはまず、玄関先まで住人を呼び寄せ、雑談に持ち込む。家や庭、植物などを手当たり次第に褒めて心をつかみ、ころ合いを見て仕掛ける。

「ところで、知ってました? エライことになっていますよ! ちょっとよろしいですか?」。玄関先から屋根が見えるところまで連れ出し、浮いたり、ずれたりしている瓦を指さしながら、不安をあおる。風雨にさらされる瓦が動くことは珍しくないが、点検してもらわなければ大変と思わせるのがミソなのです。

 

 

 

 

雨漏りが起こってしまった場合、雨漏り修理業者に依頼しなければなります。

ここでは、雨漏り修理業者選びのポイントについて紹介します。

実績のある業者を選ぶということは当たり前のことですが、専門資格を持っているかどうかも重要です。
防水施工管理技術者や、雨漏り診断士などの有資格者がいる業者は信頼できる業者であるかもしれません。

優良な業者は、雨漏りの具体的な原因、工事する場所と、どのような工事が必要であるのかについて詳しく説明します。その上で、具体的な費用を提示します。
また、必要最小限の工事で修理が出来るように努力してくれます。

雨漏りを修理したら、アフターケアが重要ポイントとなります。
アフターケアが充実している雨漏り修理業者は、修理技術に自信を持っており、責任を持って工事を行ってくれます。

その他、雨漏り修理工事後に保証書を発行する業者も安心して任せられるのではないかと思います。もし、保証期間内に雨漏りが再発した場合、無料で点検や修理を受けられます。

それから、クーリングオフ制度を適用してくれる業者も安心して依頼できるのではないでしょうか。

業者を選ぶにあたっては、ささいな疑問でも、業者さんに質問をして詳細を確認しておくことをお勧めします。また、見積もりは複数の業者に依頼して、比較検討するようにしましょう。