屋根からの雨漏りで考えられるのは、老朽化による瓦のずれ・割れ、
そして瓦下の防水シートの劣化や露出といった原因が考えられます。

下の図をご覧下さい。一般的な屋根の構造を簡単にご説明すると、最下層に屋根の下地材となる野地板があり、 その上に防水シート(主にアスファルトフェルト)が貼られ、その上に瓦が葺かれます。 

岐阜市内でも数々の雨漏り修理を依頼され雨漏り修理を行ってきました。雨漏り修理の実績として現在すべての雨漏りを止めています。

「瓦の下に防水シートがあるなら、少しぐらい瓦が剥がれても水を防いでくれるのでは?」 と思われるかもしれません。しかし、実は防水シートは単体ではあまり防水効果は期待できないのです。

そもそも防水シートは、瓦の隙間から入り込んだ雨水を、屋内まで浸透させず、
速やかに排出することを目的としています。つまり、防水シートは屋根の持つ防水効果を
高め、サポートするためのものと言えるでしょう。

防水シートの施工は、複数枚のシートを重ねて留めるという簡単な施工ですので、
当然重ね合わせ部分に隙間が生じます。特にこの部分が剥き出しになってしまうと、
簡単に雨水の浸入を許してしまう ことになるのです。

防水シート自体の寿命は長く、「防水シートのみ劣化したため交換」というケースは
まずほとんどありません。しかし、瓦自体に割れ、欠け、ヒビが入ってしまった場合は別です。

剥き出しの防水シートはそれだけでも防水効果が激減しますが、瓦という保護を失った
ことで、防水シート自体が外気にさらされ、みるみるうちに痛んでいってしまいます。

このことから、「最近の屋根は防水がしっかりしているから大丈夫」ではなく、
瓦の特性や弱点・寿命を把握しておき、定期的に補修などのメンテナンスを行う ことが、
雨漏りをおこさないために重要と言えます。

岐阜市内で雨漏りでお悩みの方はお早めにご相談ください。雨漏りには必ず原因があります。雨漏り修理には自信がありますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

雨漏りにはかならず原因があります。

私が今まで雨漏り修理をしてきたお客様の話を聞くと今まで何度も業者に雨漏り修理をしてもらったのに、しばらくするとまた元に戻ってしまった・・・と良く聞きます。

雨漏りにはこうしたケースが往々にしてあります。これは、修理業者が雨漏りの真の原因を突き止められなかったという一事に尽きますが、雨漏りの原因究明が難しいのも事実です。

私も最初のころは雨漏りを止めることが出来なかったことがありました。

しかし今は雨漏りを99パーセント止める自信があります。

雨漏りには必ず原因があり、その原因をいかに見つけられるかがポイントですが

私は長年の経験でおおよそ瞬時に的確に原因を追及することができます。

ただし基本は屋根の葺き替えをせずに雨漏りしているポイントを低料金で修理することが私の特技なのです。

屋根の雨漏りにお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

岐阜市をはじめ各地での雨漏り修理の実績には自信があります。

 

 

 

 

雨漏りが起こると、建物の劣化はもちろん、生活に支障が出ることがあります。
また、精神的なストレスもかなりたまってしまいます。
雨漏りでダメージを受けないためには、自分でこまめに雨漏りチェックを行うことで、初期の段階で雨漏りを発見することが大切です。
雨漏りも初期の段階で処置してもらうことで負担を大幅に減らすことができます。

人間の病気と同様、早期発見、早期治療が大切なことだと言えます。

ここでは、自分でも簡単にチェックする方法を紹介します。

外壁にひび割れはないか、壁紙がはがれたり、シミになっていないか、結露以外の原因でサッシが濡れていることがないか、雨どいに汚れが溜まっていないか、天井が濡れていないか、壁にカビが生えていないか、床が濡れていないか、ドレン廻りに損傷はないか、ドレンが詰まっていないか、排水管からの漏水はないか、などが主なチェック項目となります。

このように、自分で雨漏りが起こってないかどうかチェックすることができるのです。
これらの項目すべてをチェックするのはたいへんですが、雨の日などにチェックすることで、雨漏りを早期発見できるのではないでしょうか。耳をすまして聴いていると天井からポトっと音が聴こえたら完全に雨漏りしているのでどこから音が聴こえどのくらいの間隔でポトっと音がするかを確認してください。


また、雨漏りを屋根が原因で起こると考える人がおおいとおもいますが、ベランダや窓のサッシなど予想できない場所から起こることもあります。

私も数々も雨漏りを止めてきていますので状況を教えていただければおおよその原因と修理方法が判断できますのでもし雨漏りがしていると感じたら出来るだけ早めに相談してください。岐阜でも雨漏りしてしまっているのは知っていたけど雨漏り修理には高額な費用がかかってしまうのでなかなか相談できないでいたお客様がたくさんいますが決して雨漏り修理代は高いものではありませんし早期発見であれば数千円で直ります。

 

 

 

DSC_0299_320.jpg

 

 

岐阜では良くある雨漏りのケースです。積雪による瓦の凍て割れです。雨が凍て割れしたところから瓦下に流水してしまい雨漏りにつながってしまいます。自分の家の屋根を遠くから見てオレンジ色になっているところがあったら瓦が凍て割れしているので修理が必要です。

岐阜でも凍て割れが原因で雨漏りしてしまったお客様が多く瓦の差し替えやコーキング作業にて部分的に雨漏り修理をさせていただきました。全体的な瓦の葺き替えは必要ありませんので低額な修理代金で雨漏りは完全に止まります。


 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

DSC_0018_320.jpg

隅棟に雨が侵入し棟の中の土や三日月の漆喰が流れ出てしまいのし瓦が外れてしまった状態です。棟からの雨漏りは非常に多く修理するタイミングを逃してしまうと棟の積み替えが余儀なくされ高額な修理費がかかってしまうのでのし瓦がずれていないか、三日月の漆喰が剥がれていないかを確認することが大切です。

 

 

 


   

 

 

DSC_0003_320.jpg

 

雨漏りがしていたのでご主人様が屋根に登り自分なりにコーキングにて雨漏りを止めようとしたが結果として雨漏りを悪化させていまったケースです。漆喰も含めて自分なりに工事をする方も多いのですが屋根の構造を理解していない限り今回のように雨を引き込んでしまい逆効果になってしまいますので要注意。

 




   

 

 

DSC_0661_320.jpg

谷部分に使っている銅板が長年の酸性雨により穴が開いてしまい雨漏りにつながってしまうケースがかなり多いです。谷部分は瓦がずれやすい面からみても雨漏りしやす場所です。建物の構造上 谷がある家は一度雨漏りする前に穴が開いていないか確認しておくことをお勧めいたします。




   

 

 

 

 

DSC_0097_320.jpg  
   

瓦のずれから雨が入り込み雨漏りにつながる。雨が入り込むことに下土が流れ出されガタガタになってしまうケースが多々あります。瓦のずれは屋根に対して斜めに見るとはっきり分かるので一度時間を作って自宅の屋根の状態がどうか確認してみましょう。

 


 


 


   

雨漏りお困りの方へ

住まいの相談室いわたは、屋根工事に関して相談に岐阜県全域にお伺いいたします。

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村、他。